ワシントンと私:想定外の東京サラリーマン生活 坂入 ゆり子(Sakairi, Yuriko) - WJWN(Washington Japanese Women's Network)

VIEWS

ワシントンと私

ワシントンと私:想定外の東京サラリーマン生活:VIEWS 2005年夏号(第02号)掲載

坂入 ゆり子(Sakairi, Yuriko)

ワシントンから東京へ

ワシントンには1991年から2004年までの12年、アメリカには通算16年滞在した計算になる。ワシントンに12年といっても、出張が多く一年の三分の一くらいは海外に出ていたので、コミュニティーに根を下ろしたという実感はあまりない。法律上は「リーガル・エイリアン」という身分で、選挙権もないことが影響しているのかもしれないし、仕事柄か、アメリカ人の友人よりも、外国人の知り合いの方が多かったためかもしれない。美しい街並みや、豊かな自然、一流の美術館などもあり、ワシントンは生活するには楽しい所だと思う。2004年に日本に帰国したのは、ヒョンなことからで、決して周到な計画を立てていたわけではなかった。2003年の5月の一時帰国の際、日本の商社から出向していた友人から上司にあたる人を紹介され、面会することになった。お昼を食べながら会話が弾み、「いつからウチへ来てくれますか。」と想定外の言葉が社長の口から飛び出した。「来年春ごろでしょうか。」と私も予想外の返事。「一月ではどうでしょう。」「分かりました、調整してみます。」と答えたものの、ワシントンを引き上げて日本に帰ってくるつもりはなかった。仕事も順調、街も知り尽くし、友人も沢山いる。それらを全て手放し、男性社会の日本でサラリーマンをするなんて。満員電車に詰め込まれる日々の通勤、極悪の住宅事情などなど。マイナス因子には事欠かなかった。さらに日本語で報告書が書けるか、議論についていけるだろうかと、とても不安だった。ましてや、まだ着任していない上司にどのように説明したらよいやら。9月に上司が着任、最高2年の外部業務許可が出たのが11月中旬、その後一ヶ月ほどの海外出張をし、後任への引継ぎをしながら実質2週間ほどで引越しを済ませ、年明け早々に帰国した。愛車は売ったものの、家具や食器などはワシントンの倉庫に眠っている。クリスマスも、正月も無い年末年始が過ぎると、東京での楽しい生活が始まった。

私の仕事

ワシントンで手掛けていたことの一つに天候変動(Climate Change)問題があった。これに関連する京都議定書には、先進国の温室効果ガス排出削減数目標を定め、目標達成の仕組みとして、市場原理を活用する「京都メカニズム」(I:共同実施:JI、II:クリーン開発メカニズム:CDM、III:排出量取引の3つの仕組み)(1)がある。途上国や経済移行国での温室効果ガス排出を減らすプロジェクトから排出権を先進国が購入できるというもので、この温室効果ガス排出削減関連事業の調査、提言、案件の発掘などが、東京での主な仕事である。

世界の年平均地上気温は、過去100年間に0.7°C上昇し、21世紀末には平均気温は現在より1.4~5.8℃高くなると予想されている(2)。1980年代中頃以降、高温となる年が頻出し、1998年、2002年に次いで2003年は3番目に高い値となっている。そういえば、昨年の日本は異常気象であった。記録的な猛暑で東京では39.5度を記録し、日本列島に上陸した台風の数とその被害も記録的であった。台風の動きや発生の時期も「常識」を外れ、普通は西から東に移動する台風が、東から西に動くという迷走振り、12月には台風が日本に近づき、温帯低気圧となって列島を縦断した。その後南から暖かい空気が流れ込んだため、関東で25度を上回る「夏日」となり、12月としては過去最高の暖かさとなった。台風の大量発生と日本への上陸の理由は太平洋の海水温度が高まっているからだという説がある。台風は、通常赤道付近の太平洋上沖で発生するが、海水温度が高いため列島近くで発生したらしい。太平洋高気圧は南、東方から日本を覆うようにかかるが、昨年は高気圧が北に位置し、高気圧の南の縁を沿うように東風が吹いた。この風に乗って台風が東から西へ動いたのだそうだ。通常のコースを取らずに西へ向かった台風が日本列島に上陸した分、上陸台風の数が多くなった。

温暖化に拍車を掛けているのは、年々上昇する大気中の二酸化炭素の濃度である。日本人一人あたりの二酸化炭素排出量は年間約9トン、アメリカでは20トンで世界一の排出量となっている(3)。昨年11月にロシアのプーチン大統領が京都議定書の批准法に署名し、今年2月に議定書が発効した。先進国のうち議定書参加を拒否しているのは米国とオーストラリアで(4)、この2カ国が排出する温室効果ガスは世界の約3分の1を占めている。アメリカは世界最大の石油輸入国である。先日石油価格が1バレルあたり55ドルを超える高値を付けたが、1950年から73年まで小麦1ブッシェル(約27キロ)は石油1バレルと交換できた(5)。70年以降は、最大石油輸出国で穀物輸入国であるサウジアラビアなど中東にオイル・ダラーが溢れ、世界最大の穀物輸出国であるアメリカでは貿易赤字と対外債務が拡大するという構図が生まれたのである。最近の石油価格上昇の要因として、中国やインドなどでの石油使用量が増えていることが挙げられている。中国は日本を抜いて第2位の石油消費国となっている。石油や穀物の価格が記録的な高値を続けており、世界の経済バランスが急速に変化している。世界がますます小さくなり、グローバル化するなか、地球規模でのなんらかのイニシアティブをとらなければ、21世紀がますます住みにくい環境になることも予想される。京都遵守義務がない途上国やアメリカ、オーストラリアの今後の地球温暖化防止への貢献などへ向けて、国際社会の連携が今後更に重要となるだろう。(2005年6月東京にて)

(1)I共同実施:先進国どうしが共同で事業を実施し、その削減分を投資国が自国の目標削減分に利用できる制度、IIクリーン開発メカニズム:先進国と途上国が共同で事業を実施し、その削減分を投資国=先進国が自国の目標達成に利用できる制度、III排出量取引:自国の削減目標達成のため先進国どうしが排出量を売買する制度
(2)気候変動に関する政府間パネル(IPCC)による。
(3)2000年の排出量。オークリッジ国立研究所。
(4)アメリカ、オーストラリアの州政府のなかには独自の排出規制を法制化、温室効果ガスの排出規制を導入し始めている。
(5)ワールド・ウォッチ。当時の価格は2ドル前後であった。現在の「交換」比率は1:9程度。

著者紹介

坂入 ゆり子(Sakairi, Yuriko)

世界銀行本部勤務。エネルギー・エコノミスト。現在は16年ぶりに帰国し、東京のナットソース・ジャパン(株)に勤務している。排出権関連のアドバイザリー業務を中心に、CDM/JI案件の発掘、及び排出権取引などの調査、研究に特化する一方、円借款事業方針などに対する提言を行ったりしている。最近はベルリンでのOECD会議でインフラストラクチャー整備と貧困削減効果についての研究発表を行った。



お知らせ

2019/02/01
VIEWS 2019年冬号を公開しました。
2019/11/01
VIEWS 2018年秋号を公開しました。
2018/08/01
VIEWS 2018年夏号を公開しました。
2018/05/01
VIEWS 2018年春号を公開しました。
2018/02/01
VIEWS 2018年冬号を公開しました。
2017/11/01
VIEWS 2017年秋号を公開しました。
2017/08/01
VIEWS 2017年夏号を公開しました。
2017/05/01
VIEWS 2017年春号を公開しました。
2017/02/01
VIEWS 2017年冬号を公開しました。
2016/11/06
VIEWS 2016年秋号を公開しました。
2016/08/06
VIEWS 2016年夏号を公開しました。
2016/05/01
VIEWS 2016年春号を公開しました。
2016/01/30
VIEWS 2016年冬号を公開しました。
2015/11/01
VIEWS 2015年秋号を公開しました。
2015/07/26
VIEWS 2015年夏号を公開しました。
2015/04/26
VIEWS 2015年春号を公開しました。
2015/01/04
VIEWS 2015年冬号を公開しました。
2014/10/09
VIEWS 2014年秋号を公開しました。
2014/07/18
VIEWS 2014年夏号を公開しました。
2014/4/21
VIEWS 2014年春号を公開しました。
2014/1/23
VIEWS 2014年冬号を公開しました。
2013/10/08
VIEWS 2013年秋号を公開しました。
2013/07/08
VIEWS 2013年夏号を公開しました。
2013/04/08
VIEWS 2013年春号を公開しました。
2013/01/09
VIEWS 2013年冬号を公開しました。
2012/10/15
VIEWS 2012年秋号を公開しました。
2012/07/09
VIEWS 2012年夏号を公開しました。
2012/04/09
VIEWS 2012年春号を公開しました。
2012/01/17
VIEWS 2012年冬号を公開しました。
2011/10/12
VIEWS 2011年秋号を公開しました。
2011/10/12
VIEWSバックナンバーを追加しました。
2011/07/12
VIEWS 2011年夏号を公開しました。
2011/04/06
VIEWS 2011年春号を公開しました。
2011/01/11
VIEWS 2011年冬号を公開しました。
2011/01/11
VIEWSバックナンバーを追加しました。

更新履歴

2019/02/01
VIEWS 2019年冬号を公開しました。
2018/11/01
VIEWS 2018年秋号を公開しました。
2018/08/01
VIEWS 2018年夏号を公開しました。
2018/05/01
VIEWS 2018年春号を公開しました。
2018/02/01
VIEWS 2018年冬号を公開しました。
2017/11/01
VIEWS 2017年秋号を公開しました。
2017/08/01
VIEWS 2017年夏号を公開しました。
2017/05/01
VIEWS 2017年春号を公開しました。
2017/02/01
VIEWS 2017年冬号を公開しました。
2016/11/08
VIEWS 2016年秋号を公開しました。
2016/08/08
VIEWS 2016年夏号を公開しました。
2016/04/20
VIEWS 2016年春号を公開しました。
2016/02/01
VIEWS 2016年冬号を公開しました。
2015/11/01
VIEWS 2015年秋号を公開しました。
2015/07/26
VIEWS 2015年夏号を公開しました。
2015/04/12
VIEWS 2015年春号を公開しました。
2015/01/04
VIEWS 2015年冬号を公開しました。
2014/10/09
VIEWS 2014年秋号を公開しました。
2014/07/18
VIEWS 2014年夏号を公開しました。
2014/4/21
VIEWS 2014年春号を公開しました。
2014/1/23
VIEWS 2014年冬号を公開しました。
2013/10/08
VIEWS 2013年秋号を公開しました。
2013/07/08
VIEWS 2013年夏号を公開しました。
2013/04/08
VIEWS 2013年春号を公開しました。
2013/01/09
VIEWS 2013年冬号を公開しました。
2012/4/9
VIEWS 2012年春号を公開しました。
2011/10/12
VIEWS 2011年秋号を公開しました。
2011/10/12
VIEWSバックナンバーを追加しました。
2010/12/22
VIEWSバックナンバーを追加しました。
2010/10/14
VIEWS 2010年秋号を公開しました。
2010/10/10
Webサイトをリニューアルしました。

バックナンバー

2019年
2019年冬号(第56号)
2018年
2018年秋号(第55号)
2018年夏号(第54号)
2018年春号(第53号)
2018年冬号(第52号)
2017年
2017年秋号(第51号)
2017年夏号(第50号)
2017年春号(第49号)
2017年冬号(第48号)
2016年
2016年秋号(第47号)
2016年夏号(第46号)
2016年春号(第45号)
2016年冬号(第44号)
2015年
2015年秋号(第43号)
2015年夏号(第42号)
2015年春号(第41号)
2015年冬号(第40号)
2014年
2014年秋号(第39号)
2014年夏号(第38号)
2014年春号(第37号)
2014年冬号(第36号)
2013年
2013年秋号(第35号)
2013年夏号(第34号)
2013年春号(第33号)
2013年冬号(第32号)
2012年
2012年秋号(第31号)
2012年夏号(第30号)
2012年春号(第29号)
2012年冬号(第28号)
2011年
2011年秋号(第27号)
2011年夏号(第26号)
2011年春号(第25号)
2011年冬号(第24号)
2010年
2010年秋号(第23号)
2010年夏号(第22号)
2010年春号(第21号)
2010年冬号(第20号)
2009年
2009年秋号(第19号)
2009年夏号(第18号)
2009年春号(第17号)
2009年冬号(第16号)
2008年
2008年秋号(第15号)
2008年夏号(第14号)
2008年春号(第13号)
2008年冬号(第12号)
2007年
2007年秋号(第11号)
2007年夏号(第10号)
2007年春号(第09号)
2007年冬号(第08号)
2006年
2006年秋号(第07号)
2006年夏号(第06号)
2006年春号(第05号)
2006年冬号(第04号)
2005年
2005年秋号(第03号)
2005年夏号(第02号)
2005年春号(第01号)
これまでの特集
私が出会った芸術家
移民として生きる
持たない生活
マイアート
海外で第二次世界大戦の歴史に直面する時
トランプのアメリカ
女性と政治
ファミリー・ネームから考える家族関係
シングル・マザー
日本と海外の子育て事情
非営利団体(NPO)で働く
国際機関で働く
マイブーム ~ 私がいま夢中になっていること
世界の新年の祝い方
Eデート体験記
サッカーへの熱い想い
世界に散らばる家族
語学習得への道
40代の過ごし方
日本にいる高齢の親を想う
ソーシャル・メディア
留学の意義を再び考える
復興へ
離婚
地震
高齢になったら
ボランティア
各国出産体験記
受験事情あれこれ
医療保険
新しい日米関係
食を考える
身近に感じる経済不況
異文化の架け橋
女性の社会進出
NPO
2008年大統領選挙
ワシントニアンが伝授する知られざるDCの楽しみ方
環境:私たちにとっての地球
芸術
国際協力
医療
教育への思い
私の夏
戦後60周年特別企画II
戦後60周年特別企画I
ワシントンと私
連載一覧
ワシントンと私
人・マイライフ
世界の街から
世界の家庭料理
家族の風景
私の本棚
旅・ギャラリー
特別寄稿
随筆