サッカーに導かれた人生 藤坂ガルシア 千鶴(Fujisaka de Garcia, Chizuru) - WJWN(Washington Japanese Women's Network)

VIEWS

特集:サッカーへの熱い思い

サッカーに導かれた人生:VIEWS 2014年春号(第37号)掲載

藤坂ガルシア 千鶴(Fujisaka de Garcia, Chizuru)

ブラジルで開催されるワールドカップに挑むアルゼンチン代表
ブラジルで開催されるワールドカップに挑むアルゼンチン代表

今年は4年に一度のワールドカップ・イヤーだ。6月12日から7月13日までの1か月間、サッカー大国ブラジルにて、「世界一」の称号をめぐる激戦が繰り広げられる。

南米で36年ぶりのワールドカップ大会、期待できる日本チーム

今大会に参加する32か国のうち、日本は最も早く出場権を勝ち取った国。前回大会同様、今回もアジア地区予選を難なく勝ち抜いたが、1998年大会まではどう頑張っても予選を通過できず、ワールドカップに一度も参加したことがなかった事実を考慮すると、Jリーグ誕生から20年の間、日本のサッカーのレベルは着実に進歩してきたことがよくわかる。

実際、今大会に出場する日本代表は、ACミラン本田圭佑、マンチェスター・ユナイテッド所属の香川真司、インテル・ミラノ所属の長友佑都といった、欧州のビッグクラブに籍を置く主力選手たちが全盛期の状態で挑む。様々な国の選手たちとの競り合いの中で逞しく成長を遂げた日本男児たちには、ブラジルでの好成績が期待される。

南米大陸でワールドカップが開催されるのは、実に36年ぶりのこと。前回は1978年、アルゼンチンにて行われた。当時のアルゼンチンは軍事政権下にあり、ワールドカップでの優勝が軍隊のプロパガンダに利用されたとして、国際的に不評を買った大会だった。

その一方であの大会は、私の人生を変えた。

私の運命を変えたアルゼンチンでの1978年大会

アルゼンチンサポーター名物の紙吹雪、実は1枚1枚がこんなに大きい
アルゼンチンサポーター名物の紙吹雪、実は1枚1枚がこんなに大きい

1978年大会は日本で初めて中継されたワールドカップで、9歳の小学生だった私も、父と一緒にテレビで決勝戦を観た。スタジアムに舞う大量の紙吹雪。サポーターの熱狂。得点後に両手を広げ、長髪をなびかせて喜びを爆発させながら走り回るストライカーの情熱。優勝の瞬間、両手で顔を覆い、ピッチに倒れ込んで歓喜の涙を流すディフェンダーの感動。目に映る全ての光景に圧倒され、日本からはちょうど地球の反対側に位置するアルゼンチンという国に興味を抱いた。そしていつの日か、アルゼンチンという国とそのサッカーを体感したいと熱望するようになった。

今だったら、どこにいても、ネットを使って世界中の情報が一瞬にして入手できる。でも一昔前までは雑誌や新聞などの印刷物に頼るしかなく、その印刷物だって簡単には手に入らなかった。中学生の頃からアルゼンチン行きの計画を本格的にたて始めた私は、在日アルゼンチン領事館に手紙を書いて観光用のパンフレットを送ってもらったり、外国の書籍を扱う書店で首都ブエノスアイレスの地図を買ったり、当時日本にあったわずか3冊のサッカー専門月刊誌を全部買い占めて、遠い国に思いを馳せた。

今でこそ、サッカーは日本でも大人気のスポーツだが、1980年代はアマチュアスポーツでしかなく、国内リーグの情報も新聞のスポーツ欄の端っこにスコアが掲載されるだけだった。それでも4年に1度のワールドカップだけはNHKで毎回放送され、1986年大会では、ディエゴ・マラドーナの活躍でアルゼンチンが再び世界チャンピオンに輝いた瞬間をライヴ映像で観ることができ、その感動からアルゼンチンへの憧れとサッカーに対する思いはますます膨らんだのである。

一枚のハガキから開けたスポーツ・ライターへの道

1988年3月、大学在学中に、私はあるサッカー専門誌の読者プレゼントに応募すべく、編集部宛に送ったハガキに「アルゼンチンの情報をもう少し載せてください」というリクエストを添えた。その頃はアルゼンチンに対する私のアプローチもかなり積極的になっていて、同国随一のスポーツ専門誌「エル・グラフィコ」をアメリカ経由で購読していたこともあり、ハガキにはこのような文章を書いた覚えがある。

「私は毎週アルゼンチンからエル・グラフィコ誌を取り寄せていて、リーグ戦だけでなく、将来有名になりそうな若手選手の情報なども辞書を引きながら読んでいます。そういう情報を貴誌にもっと載せてもらえたら嬉しいです」。

読者プレゼントに当選したかどうかは覚えていないが、後日、その雑誌の編集部から電話がかかってきた。ハガキの一文を読んでくださった編集長からだった。

「ちょうど私もアルゼンチンサッカーの情報をより多く掲載したいと思っていたところでした。エル・グラフィコ誌の情報をもとに、リーグ戦のダイジェスト記事を書いてもらえませんか」。

当時、私は19歳の大学生。文章を書くことはもともと好きだったが、ライターになろうとは思っていなかったので、このオファーには正直なところ驚き、戸惑った。でも、1週間遅れで手元に届く雑誌をもとに日本語の記事をまとめ、アルゼンチンサッカーの魅力と面白さを日本のサッカーファンたちに伝える仕事に、使命感のようなものを感じたのも確かだった。

1年後、私は大学を卒業して間もなくブエノスアイレスに飛んだ。月一で現地から書く現地レポートの原稿料2万円で、当時のアルゼンチンでは十分生活ができた。20歳の日本人、しかも女性がひとりでサッカーを観に行くのは危険だということで、心配した友人が、一緒にスタジアムに行ってくれる人を紹介してくれたのだが、その人こそ、後に私の夫となるフォトグラファーの男性だった。

サッカーに導かれ、アルゼンチンで25年

私が初めてアルゼンチンに降り立った日から、今年の3月でちょうど25年になる。その間、日本ではプロリーグが誕生し、サッカーが野球を超えるほどのメジャーなスポーツになり、私は夫と一緒に取材活動を続け、最初に仕事をくれた専門誌にコラムを連載し続けている。

スタンドが見えなくなるくらい大量に舞う紙吹雪
スタンドが見えなくなるくらい大量に舞う紙吹雪

アルゼンチンで四半世紀にわたって日本向けにサッカーの記事を書き続けることができたのは、決して私にライターとしての飛び抜けた才能があったからではなく、単に、アルゼンチンとサッカーに対する憧れが起こした衝動のおかげだ。サッカーが好きになっていなかったらアルゼンチンに来ることもなく、夫とも出会っていなかったし、二人の娘たちの母になることもなかった。私の人生は、まさにサッカーに導かれたと言っていい。

アルゼンチン在住25年を迎えた今年、私がサッカーを愛するきっかけとなった1978年大会以来の南米開催のワールドカップで、アルゼンチンが優勝したらどんなに感動的だろう。全盛期にある主力選手を揃えた日本の活躍も楽しみだ。

今回も、世界のどこかで、ひとつのボールを転がすだけのスポーツによって人生を変えられる人が生まれるのかもしれない。

著者紹介

藤坂ガルシア 千鶴(Fujisaka de Garcia, Chizuru)

1968年生まれ。清泉女子大学英語短期課程卒。ライター。幼い頃から海外に興味を抱き、洋画・洋楽の世界に浸るも、1978年のワールドカップでサッカーに魅了されたことがきっかけで1989年からアルゼンチンの首都ブエノスアイレスに暮らす。数々のサッカー誌・スポーツ紙に寄稿する他、アルゼンチンサッカーに関する書籍も執筆。3月に新著「キャプテンメッシの挑戦」(朝日新聞出版)が出版されたばかり。



お知らせ

2018/11/01
VIEWS 2018年秋号を公開しました。
2018/08/01
VIEWS 2018年夏号を公開しました。
2018/05/01
VIEWS 2018年春号を公開しました。
2018/02/01
VIEWS 2018年冬号を公開しました。
2017/11/01
VIEWS 2017年秋号を公開しました。
2017/08/01
VIEWS 2017年夏号を公開しました。
2017/05/01
VIEWS 2017年春号を公開しました。
2017/02/01
VIEWS 2017年冬号を公開しました。
2016/11/06
VIEWS 2016年秋号を公開しました。
2016/08/06
VIEWS 2016年夏号を公開しました。
2016/05/01
VIEWS 2016年春号を公開しました。
2016/01/30
VIEWS 2016年冬号を公開しました。
2015/11/01
VIEWS 2015年秋号を公開しました。
2015/07/26
VIEWS 2015年夏号を公開しました。
2015/04/26
VIEWS 2015年春号を公開しました。
2015/01/04
VIEWS 2015年冬号を公開しました。
2014/10/09
VIEWS 2014年秋号を公開しました。
2014/07/18
VIEWS 2014年夏号を公開しました。
2014/4/21
VIEWS 2014年春号を公開しました。
2014/1/23
VIEWS 2014年冬号を公開しました。
2013/10/08
VIEWS 2013年秋号を公開しました。
2013/07/08
VIEWS 2013年夏号を公開しました。
2013/04/08
VIEWS 2013年春号を公開しました。
2013/01/09
VIEWS 2013年冬号を公開しました。
2012/10/15
VIEWS 2012年秋号を公開しました。
2012/07/09
VIEWS 2012年夏号を公開しました。
2012/04/09
VIEWS 2012年春号を公開しました。
2012/01/17
VIEWS 2012年冬号を公開しました。
2011/10/12
VIEWS 2011年秋号を公開しました。
2011/10/12
VIEWSバックナンバーを追加しました。
2011/07/12
VIEWS 2011年夏号を公開しました。
2011/04/06
VIEWS 2011年春号を公開しました。
2011/01/11
VIEWS 2011年冬号を公開しました。
2011/01/11
VIEWSバックナンバーを追加しました。

更新履歴

2018/11/01
VIEWS 2018年秋号を公開しました。
2018/08/01
VIEWS 2018年夏号を公開しました。
2018/05/01
VIEWS 2018年春号を公開しました。
2018/02/01
VIEWS 2018年冬号を公開しました。
2017/11/01
VIEWS 2017年秋号を公開しました。
2017/08/01
VIEWS 2017年夏号を公開しました。
2017/05/01
VIEWS 2017年春号を公開しました。
2017/02/01
VIEWS 2017年冬号を公開しました。
2016/11/08
VIEWS 2016年秋号を公開しました。
2016/08/08
VIEWS 2016年夏号を公開しました。
2016/04/20
VIEWS 2016年春号を公開しました。
2016/02/01
VIEWS 2016年冬号を公開しました。
2015/11/01
VIEWS 2015年秋号を公開しました。
2015/07/26
VIEWS 2015年夏号を公開しました。
2015/04/12
VIEWS 2015年春号を公開しました。
2015/01/04
VIEWS 2015年冬号を公開しました。
2014/10/09
VIEWS 2014年秋号を公開しました。
2014/07/18
VIEWS 2014年夏号を公開しました。
2014/4/21
VIEWS 2014年春号を公開しました。
2014/1/23
VIEWS 2014年冬号を公開しました。
2013/10/08
VIEWS 2013年秋号を公開しました。
2013/07/08
VIEWS 2013年夏号を公開しました。
2013/04/08
VIEWS 2013年春号を公開しました。
2013/01/09
VIEWS 2013年冬号を公開しました。
2012/4/9
VIEWS 2012年春号を公開しました。
2011/10/12
VIEWS 2011年秋号を公開しました。
2011/10/12
VIEWSバックナンバーを追加しました。
2010/12/22
VIEWSバックナンバーを追加しました。
2010/10/14
VIEWS 2010年秋号を公開しました。
2010/10/10
Webサイトをリニューアルしました。

バックナンバー

2018年
2018年秋号(第55号)
2018年夏号(第54号)
2018年春号(第53号)
2018年冬号(第52号)
2017年
2017年秋号(第51号)
2017年夏号(第50号)
2017年春号(第49号)
2017年冬号(第48号)
2016年
2016年秋号(第47号)
2016年夏号(第46号)
2016年春号(第45号)
2016年冬号(第44号)
2015年
2015年秋号(第43号)
2015年夏号(第42号)
2015年春号(第41号)
2015年冬号(第40号)
2014年
2014年秋号(第39号)
2014年夏号(第38号)
2014年春号(第37号)
2014年冬号(第36号)
2013年
2013年秋号(第35号)
2013年夏号(第34号)
2013年春号(第33号)
2013年冬号(第32号)
2012年
2012年秋号(第31号)
2012年夏号(第30号)
2012年春号(第29号)
2012年冬号(第28号)
2011年
2011年秋号(第27号)
2011年夏号(第26号)
2011年春号(第25号)
2011年冬号(第24号)
2010年
2010年秋号(第23号)
2010年夏号(第22号)
2010年春号(第21号)
2010年冬号(第20号)
2009年
2009年秋号(第19号)
2009年夏号(第18号)
2009年春号(第17号)
2009年冬号(第16号)
2008年
2008年秋号(第15号)
2008年夏号(第14号)
2008年春号(第13号)
2008年冬号(第12号)
2007年
2007年秋号(第11号)
2007年夏号(第10号)
2007年春号(第09号)
2007年冬号(第08号)
2006年
2006年秋号(第07号)
2006年夏号(第06号)
2006年春号(第05号)
2006年冬号(第04号)
2005年
2005年秋号(第03号)
2005年夏号(第02号)
2005年春号(第01号)
これまでの特集
私が出会った芸術家
移民として生きる
持たない生活
マイアート
海外で第二次世界大戦の歴史に直面する時
トランプのアメリカ
女性と政治
ファミリー・ネームから考える家族関係
シングル・マザー
日本と海外の子育て事情
非営利団体(NPO)で働く
国際機関で働く
マイブーム ~ 私がいま夢中になっていること
世界の新年の祝い方
Eデート体験記
サッカーへの熱い想い
世界に散らばる家族
語学習得への道
40代の過ごし方
日本にいる高齢の親を想う
ソーシャル・メディア
留学の意義を再び考える
復興へ
離婚
地震
高齢になったら
ボランティア
各国出産体験記
受験事情あれこれ
医療保険
新しい日米関係
食を考える
身近に感じる経済不況
異文化の架け橋
女性の社会進出
NPO
2008年大統領選挙
ワシントニアンが伝授する知られざるDCの楽しみ方
環境:私たちにとっての地球
芸術
国際協力
医療
教育への思い
私の夏
戦後60周年特別企画II
戦後60周年特別企画I
ワシントンと私
連載一覧
ワシントンと私
人・マイライフ
世界の街から
世界の家庭料理
家族の風景
私の本棚
旅・ギャラリー
特別寄稿
随筆