Bacalao(バカラオ、タラの塩漬けの干物)のキャセロール アヴェシリヤ春口 絵里(Haruguchi Avecilla, Eri) - WJWN(Washington Japanese Women's Network)

VIEWS

世界の家庭料理

Bacalao(バカラオ、タラの塩漬けの干物)のキャセロール:VIEWS 2017年冬号(第48号)掲載

アヴェシリヤ春口 絵里(Haruguchi Avecilla, Eri)

Bacalaoバカラオ(タラの塩漬けの干物)のキャセロール
Bacalaoバカラオ(タラの塩漬けの干物)のキャセロール

義母のレシピ

バカラオのキャセロールは、材料も少なくごくシンプルな義母のレシピですが、夫も私も大好きな一品。タラのしょっぱさとトマトソースのまろやかさ、そして赤ピーマンの甘さが絶妙のコンビで、パンと一緒についつい食が進んでしまいます。義母はフィリピンのマニラ出身でロサンゼルスに移住したアメリカ人。義母の父は彼の祖父がフィリピンを代表するビール“サンミゲル”社の創始者(その後買収され現在は無関係)という生粋のスペイン移民、義母の母はスペイン人とフィリピン人のハーフであることから、義母が母親から受け継ぎ現在に至るまで作る料理は、スペイン料理だったり、フィリピン料理だったり、または二つの文化が融合した料理だったりします。このバカラオに類似したポルトガル料理や、スペイン・バスク地方の伝統料理があるのですが、当レシピはどちらとも微妙に異なる家庭料理です。

バカラオとカトリックの食習慣

実はバカラオは、スペイン、ポルトガル、イタリア、フランス、そして中南米などのカトリック文化圏では馴染みの深い魚です。カトリック教会では、Ash Wednesday(灰の水曜日)からEaster(復活祭)の前日までの40日間をLent(四旬節)と呼び、元来その期間中鳥獣の肉、卵、乳製品を避けるべしという規定があり、魚を食べたと言います。現在ではAsh Wednesdayとキリストが十字架にかかったGood Friday(聖金曜日=Lent期間中最後の金曜日)のみ、もしくはAsh WednesdayとLent期間中の毎週金曜日にその制限を適用するように勧められています。その習慣から、このバカラオがLent期間中に食べる伝統的な魚となり、様々な料理に用いられることになったようです。現在私が住むイタリアでも、年間通してバカラオ料理をメニューに取り入れているレストランが多いのではないでしょうか。敬虔なカトリック教徒である夫の実家では、Ash WednesdayかLent期間中の金曜日には必ずこのバカラオのキャセロールが登場しますし、それ以外の時も普通に家庭料理として供されています。

材料(約4〜5人分)

タラの塩漬けを塩抜き中
タラの塩漬けを塩抜き中

  • タラの干物または塩漬け 400グラム:干物であれば24時間、塩漬けであれば5〜8時間冷水に漬け込み塩抜きする。干物の場合は、塩抜きの際4〜5回水を取り替える。タラの塩加減は多すぎでも少な過ぎても美味しくないので塩抜きの際注意する。
  • トマト(缶詰または生) 500グラム:缶詰の方がソースを作りやすい。
  • トマトペースト 大さじ1(味を見ながら適量)
  • にんにく 3かけ:みじん切りにする。
  • 砂糖 ひとつまみ
  • ローリエ(ベイリーフ/乾燥月桂樹の葉)一枚
  • ジャガイモ 4〜5個:厚み5ミリ程度の輪切りにする。
  • 玉ねぎ 1個:スライスする。
  • 赤ピーマン 2個:コンロの上か調理用のバーナー(トーチ)でローストし(炙り)、冷めたら食べやすい大きさにスライスする。
  • フレンチバゲットまたはお好みのパン



補足(1):タラの干物が手に入らない場合は、塩漬けで代用して下さい。干物は欧州系食料品店で入手可能です。ワシントンDC近郊では以下の食料品店で売っていました。
European Foods
2700 Pershing Dr. , Arlington, VA 22201

補足(2):赤ピーマンは、すでにローストされた瓶詰めの物を主に輸入食料品店で入手出来ます。アメリカではTrader Joe’s やWorld Market 等で購入可能です。(一番のお勧めは 「Mazzetta Roasted Bell Peppers」で、World Market にありました。)

赤ピーマンをコンロの上で炙る
赤ピーマンをコンロの上で炙る

作り方
  1. オーブンを350度(華氏)/180度(摂氏)に予熱しておく。
  2. 塩抜きしたタラを鍋に入れ、タラが崩れないように注意しながら水を入れ茹でる。お湯が沸騰した時点ですぐに鍋を火から下ろし冷ます。冷めたら、タラの皮と骨を取り除き食べやすい大きさにほぐす。タラを茹でたお湯は捨てないでとっておく。
  3. 鍋にトマト、トマトペースト、にんにく、砂糖、ローリエを混ぜ入れ火にかけソースを作る。トマトがしっかりソース状になり、味が落ち着いたら火を止める。ローリエはソースを使う前に取り除く。
  4. 2.でタラを茹でた水を使いジャガイモと玉ねぎを半茹でにする。最後にオーブンに入れて焼くので茹で過ぎない様に注意する。
  5. キャセロール用の耐熱皿を用意し、3.で作ったトマトソースを底に塗る。その上からジャガイモ、玉ねぎ、タラの順に重ねて行く。もう一度トマトソースから同じ順序で繰り返し重ね、最後に赤ピーマンをトッピングする。
  6. 5.を1.で予熱しておいたオーブンに入れ、20分程度焼いて出来上がり。パンと一緒に召し上がれ!

著者紹介

アヴェシリヤ春口 絵里(Haruguchi Avecilla, Eri)

東京都出身。津田塾大学国際関係学科卒業後、オランダ系銀行東京支店にて勤務後渡米。アメリカン大学国際開発学科(ワシントンDC)にて修士号取得、日系銀行ロサンゼルス支店等に勤務。その後夫の転勤に伴い、ワシントンDCを拠点に海外を転々とする。ハノイ、ブエノスアイレス、福岡、イスラマバードに駐在。現在はイタリアのミラノ在住。



お知らせ

2017/02/01
VIEWS 2017年冬号を公開しました。
2016/11/06
VIEWS 2016年秋号を公開しました。
2016/08/06
VIEWS 2016年夏号を公開しました。
2016/05/01
VIEWS 2016年春号を公開しました。
2016/01/30
VIEWS 2016年冬号を公開しました。
2015/11/01
VIEWS 2015年秋号を公開しました。
2015/07/26
VIEWS 2015年夏号を公開しました。
2015/04/26
VIEWS 2015年春号を公開しました。
2015/01/04
VIEWS 2015年冬号を公開しました。
2014/10/09
VIEWS 2014年秋号を公開しました。
2014/07/18
VIEWS 2014年夏号を公開しました。
2014/4/21
VIEWS 2014年春号を公開しました。
2014/1/23
VIEWS 2014年冬号を公開しました。
2013/10/08
VIEWS 2013年秋号を公開しました。
2013/07/08
VIEWS 2013年夏号を公開しました。
2013/04/08
VIEWS 2013年春号を公開しました。
2013/01/09
VIEWS 2013年冬号を公開しました。
2012/10/15
VIEWS 2012年秋号を公開しました。
2012/07/09
VIEWS 2012年夏号を公開しました。
2012/04/09
VIEWS 2012年春号を公開しました。
2012/01/17
VIEWS 2012年冬号を公開しました。
2011/10/12
VIEWS 2011年秋号を公開しました。
2011/10/12
VIEWSバックナンバーを追加しました。
2011/07/12
VIEWS 2011年夏号を公開しました。
2011/04/06
VIEWS 2011年春号を公開しました。
2011/01/11
VIEWS 2011年冬号を公開しました。
2011/01/11
VIEWSバックナンバーを追加しました。

更新履歴

2017/02/01
VIEWS 2017年冬号を公開しました。
2016/11/08
VIEWS 2016年秋号を公開しました。
2016/08/08
VIEWS 2016年夏号を公開しました。
2016/04/20
VIEWS 2016年春号を公開しました。
2016/02/01
VIEWS 2016年冬号を公開しました。
2015/11/01
VIEWS 2015年秋号を公開しました。
2015/07/26
VIEWS 2015年夏号を公開しました。
2015/04/12
VIEWS 2015年春号を公開しました。
2015/01/04
VIEWS 2015年冬号を公開しました。
2014/10/09
VIEWS 2014年秋号を公開しました。
2014/07/18
VIEWS 2014年夏号を公開しました。
2014/4/21
VIEWS 2014年春号を公開しました。
2014/1/23
VIEWS 2014年冬号を公開しました。
2013/10/08
VIEWS 2013年秋号を公開しました。
2013/07/08
VIEWS 2013年夏号を公開しました。
2013/04/08
VIEWS 2013年春号を公開しました。
2013/01/09
VIEWS 2013年冬号を公開しました。
2012/4/9
VIEWS 2012年春号を公開しました。
2011/10/12
VIEWS 2011年秋号を公開しました。
2011/10/12
VIEWSバックナンバーを追加しました。
2010/12/22
VIEWSバックナンバーを追加しました。
2010/10/14
VIEWS 2010年秋号を公開しました。
2010/10/10
Webサイトをリニューアルしました。

バックナンバー

2017年
2017年冬号(第48号)
2016年
2016年秋号(第47号)
2016年夏号(第46号)
2016年春号(第45号)
2016年冬号(第44号)
2015年
2015年秋号(第43号)
2015年夏号(第42号)
2015年春号(第41号)
2015年冬号(第40号)
2014年
2014年秋号(第39号)
2014年夏号(第38号)
2014年春号(第37号)
2014年冬号(第36号)
2013年
2013年秋号(第35号)
2013年夏号(第34号)
2013年春号(第33号)
2013年冬号(第32号)
2012年
2012年秋号(第31号)
2012年夏号(第30号)
2012年春号(第29号)
2012年冬号(第28号)
2011年
2011年秋号(第27号)
2011年夏号(第26号)
2011年春号(第25号)
2011年冬号(第24号)
2010年
2010年秋号(第23号)
2010年夏号(第22号)
2010年春号(第21号)
2010年冬号(第20号)
2009年
2009年秋号(第19号)
2009年夏号(第18号)
2009年春号(第17号)
2009年冬号(第16号)
2008年
2008年秋号(第15号)
2008年夏号(第14号)
2008年春号(第13号)
2008年冬号(第12号)
2007年
2007年秋号(第11号)
2007年夏号(第10号)
2007年春号(第09号)
2007年冬号(第08号)
2006年
2006年秋号(第07号)
2006年夏号(第06号)
2006年春号(第05号)
2006年冬号(第04号)
2005年
2005年秋号(第03号)
2005年夏号(第02号)
2005年春号(第01号)
これまでの特集
女性と政治
ファミリー・ネームから考える家族関係
シングル・マザー
日本と海外の子育て事情
非営利団体(NPO)で働く
国際機関で働く
マイブーム ~ 私がいま夢中になっていること
世界の新年の祝い方
Eデート体験記
サッカーへの熱い想い
世界に散らばる家族
語学習得への道
40代の過ごし方
日本にいる高齢の親を想う
ソーシャル・メディア
留学の意義を再び考える
復興へ
離婚
地震
高齢になったら
ボランティア
各国出産体験記
受験事情あれこれ
医療保険
新しい日米関係
食を考える
身近に感じる経済不況
異文化の架け橋
女性の社会進出
NPO
2008年大統領選挙
ワシントニアンが伝授する知られざるDCの楽しみ方
環境:私たちにとっての地球
芸術
国際協力
医療
教育への思い
私の夏
戦後60周年特別企画II
戦後60周年特別企画I
ワシントンと私
連載一覧
ワシントンと私
人・マイライフ
世界の街から
世界の家庭料理
家族の風景
私の本棚
旅・ギャラリー
特別寄稿
随筆