旅の絆 駒形 洋子(Komagata, Yoko) - WJWN(Washington Japanese Women's Network)

VIEWS

家族の風景

旅の絆:VIEWS 掲載

駒形 洋子(Komagata, Yoko)

沖縄県竹富島の周遊道路
沖縄県竹富島の周遊道路

一年に一度沖縄を訪れる。ほぼ20年間、義父の病気を案じて行かなかった1度を除いて、毎年ずっと続く我が家の唯一ともいえる恒例行事。20年!あらためて数えて我ながらびっくりするほど続いている。最初の沖縄行きでは子供料金も課されずタダで飛行機にはじめて乗った娘は22歳になった。

長年飽きもせず、同じ所に行き、数日間をこれといったアクティブなこともせず、その場所で過ごす、家族だけの濃密といっていい時間。そこからいつの間にか芽が出て、枝をはり、成長した旅の記憶が、私たち家族の中にある。冬が終わり桜の頃になると必ず交わす合言葉は「今年の沖縄どうする?」だ。

きっかけ

長年、マーケティングの仕事をしている私は37歳で1人娘を出産し、1年近い産休を経て、職場に復帰した。40歳になる時にわずかながら臨時の収入があり、記念に何かいつもと違うことにお金を使おうと考え、思いついたのが沖縄県八重山諸島の「竹富島に行く」ことだった。

なぜピンポイントに竹富島なのか。理由があった。10代終わりに知り合った知人が話してくれた、東京から遥か遠くにある竹富島の素晴らしさ(具体的に何だったのか覚えていないが)が、意識のどこかにずっと残っていたのだと思う。そして、なぜかそのことが突然閃いたのだ。その時、娘は2歳。7月半ばに3歳になるまでは、親と一緒に座れば飛行機代はタダ。夫と2人分なら、滞在費も含め臨時収入で賄える。私たちは沖縄の梅雨が明けた7月はじめ、竹富島に旅立った。

何もかも初めて

初めての竹富島で泊まったコンドイ浜の宿。<br />20年続く旅の始まり。
初めての竹富島で泊まったコンドイ浜の宿。
20年続く旅の始まり。

魂の憧れ、竹富島。20年前だと今ほどインターネット事情は進んでおらず、情報は多くない。いろいろ検索してたどり着いたのが、島唯一の遊泳ビーチで、遠浅の海が美しいコンドイ浜まで徒歩1分の場所にあった不思議な宿だ。予約を受け入れるのは一回にひと部屋のみ。コンクリートブロックを積み上げただけのバンガロー(夏は熱がこもり、たいそう暑い)が、手入れされた緑の前庭を囲むように並ぶ。その失礼ながらシャビーな居室とは裏腹に、朝食と夕食を前庭に設けたテーブルで、コース料理のように一皿一皿運んでくれる宿だ。

そこをベースに、まだ小さい娘が熱中症にならないか案じつつ、宿とビーチを一日に何度となく往復し、サンゴが砕けた白い砂浜や透き通るエメラルドグリーンの浅瀬をよぎる小さな魚の群れ、夕方に突然大挙をなして、ビーチの奥の茂みから現れるオカヤドカリの群れに驚いた。何もかもが新鮮だった。最初の滞在は3泊ぐらいだったと思うが、竹富島の魅力の一端を知り、(娘の飛行機は子供料金になるし、臨時収入の予定はないが)次の年また来ようと決めたのだった。

島の魅力と旅の魅力

次の年になると最初の宿は廃業していた。まだ小さい娘を連れての旅だったので他の泊り客の迷惑にならないよう、個室がある宿を探し、たどり着いたのが、これまた優雅な旅には程遠い、ベッドを筆頭に部屋にあるものすべてが多分20年は経過していると思われる洋室。当然ベッドのスプリングは腰痛持ちなら絶対寝られないほど沈んでいて、トイレタンクの蓋は欠けたまま放置されていたが、小さな娘と過ごす私たち家族には、そんなことも旅の楽しさのうちだった。何より、どこに行くにもTシャツとビーチサンダルでお洒落しなくてもいいことは、当時ファッションの仕事に携わっていた私にとって身も心も解放される思いがあった。

浮き輪なしで自由に水中散策
浮き輪なしで自由に水中散策

ベビー用腕浮き輪から浮き輪を経て、小学生になり泳げるようになった娘。南の海にはやや調子はずれな水泳帽とスクール水着に水中メガネで、海をたっぷり楽しんだ。手先が器用な夫は、「工作セット」を旅支度に忍ばせ、せっせと拾った貝でなかなかに芸術的な作品を作る。母娘が昼寝の間に周囲のジャングルを散策して恐ろしげな巨大クモや、美しい蝶を写真におさめたり、一手に洗濯を担ったり、フル稼働だ。私はといえば、懐かしさで泣きたくなるような日暮れの景色や、真夏の青い空の広がる誰もいない周遊道路を自転車で走り抜け、命の洗濯をした。

縁あってとても居心地の良い3軒目の宿と出会ったことが、今でも竹富を訪れることにつながっている。20年間毎年7月になると、同じ島を訪れ、同じ場所に滞在し、海で日の出を拝み、日中は「なんちゃってシュノーケリング(膝ぐらいの遠浅の海の水中散策)」、貝拾い、集落めぐり、たまに石垣まで買物、西表島の向こうに沈む夕日を見に行く、そして夜は雨が降ったらずぶ濡れの屋外食堂でビール、この繰り返しだ。

「良く飽きないね」とたまに言われるが、海の自然は未知との遭遇の連続。サンゴ礁に囲まれたイノーの海には、いったいどれだけの生き物が生息しているのかわからないが、毎年新たな出会いがある。色とりどりの小さな魚たちや大小さまざまなカニやヤドカリはもちろん、10センチほどの小さなシャコを捕まえようとして強烈なパンチをあびそうになったり、夕闇の海岸で浅瀬に迷い込んだエイの姿を目撃したり、ヤドカリが何匹も集まっていると思ったら「ヤド替え」の真最中で、空いた「ヤド」を捕りあって更に別のヤドカリ2匹が牽制しあうところに遭遇したり、と本当に面白いことが何かしらある。

記憶の共有

そんな海の面白さ、家族で過ごした記憶を、家族それぞれが共有し記憶に留めている。後で気付いたのだが、私や夫はもちろんのこと、3歳から保育園に通った娘にとっても、1週間前後の時間すべてを親子3人で同じことをして過ごす充足感があったのだと思う。小さいころはどちらかと言えば引っ込み思案で、家で過ごすことが好きだった娘が保育園に慣れるのは少し時間がかかった。毎朝、園まで送りに行った夫の車から降りたくなくて、毎回保母さんたちが2人がかりで車の中から降ろしたエピソードは今でも話題に上がるほどだ。

拾った貝殻 – 旅の余韻を家で。
拾った貝殻 – 旅の余韻を家で。

そんな家や家族好きのところは今に至るまで変わらないが、高校ぐらいからめきめきと両親の強気な性格が遺伝子から目覚め、大学で実家を離れて4年生になる今では、ひとりサメ漁の漁師さんに突撃取材をするまでに成長した。娘は海洋学を専攻している。

著者紹介

駒形 洋子(Komagata, Yoko)

1957年生まれ。東京都出身。マーケティングのコンサルティング会社勤務。父親の転勤をきっかけに20代にロサンゼルスとニューヨークに滞在。帰国後、モデルエージェンシー、イタリアやアメリカのデザイナーブランドの広報を経て、2000年から現職。趣味はクラシックバレエとクラシックギター。



お知らせ

2017/05/01
VIEWS 2017年春号を公開しました。
2017/02/01
VIEWS 2017年冬号を公開しました。
2016/11/06
VIEWS 2016年秋号を公開しました。
2016/08/06
VIEWS 2016年夏号を公開しました。
2016/05/01
VIEWS 2016年春号を公開しました。
2016/01/30
VIEWS 2016年冬号を公開しました。
2015/11/01
VIEWS 2015年秋号を公開しました。
2015/07/26
VIEWS 2015年夏号を公開しました。
2015/04/26
VIEWS 2015年春号を公開しました。
2015/01/04
VIEWS 2015年冬号を公開しました。
2014/10/09
VIEWS 2014年秋号を公開しました。
2014/07/18
VIEWS 2014年夏号を公開しました。
2014/4/21
VIEWS 2014年春号を公開しました。
2014/1/23
VIEWS 2014年冬号を公開しました。
2013/10/08
VIEWS 2013年秋号を公開しました。
2013/07/08
VIEWS 2013年夏号を公開しました。
2013/04/08
VIEWS 2013年春号を公開しました。
2013/01/09
VIEWS 2013年冬号を公開しました。
2012/10/15
VIEWS 2012年秋号を公開しました。
2012/07/09
VIEWS 2012年夏号を公開しました。
2012/04/09
VIEWS 2012年春号を公開しました。
2012/01/17
VIEWS 2012年冬号を公開しました。
2011/10/12
VIEWS 2011年秋号を公開しました。
2011/10/12
VIEWSバックナンバーを追加しました。
2011/07/12
VIEWS 2011年夏号を公開しました。
2011/04/06
VIEWS 2011年春号を公開しました。
2011/01/11
VIEWS 2011年冬号を公開しました。
2011/01/11
VIEWSバックナンバーを追加しました。

更新履歴

2017/05/01
VIEWS 2017年春号を公開しました。
2017/02/01
VIEWS 2017年冬号を公開しました。
2016/11/08
VIEWS 2016年秋号を公開しました。
2016/08/08
VIEWS 2016年夏号を公開しました。
2016/04/20
VIEWS 2016年春号を公開しました。
2016/02/01
VIEWS 2016年冬号を公開しました。
2015/11/01
VIEWS 2015年秋号を公開しました。
2015/07/26
VIEWS 2015年夏号を公開しました。
2015/04/12
VIEWS 2015年春号を公開しました。
2015/01/04
VIEWS 2015年冬号を公開しました。
2014/10/09
VIEWS 2014年秋号を公開しました。
2014/07/18
VIEWS 2014年夏号を公開しました。
2014/4/21
VIEWS 2014年春号を公開しました。
2014/1/23
VIEWS 2014年冬号を公開しました。
2013/10/08
VIEWS 2013年秋号を公開しました。
2013/07/08
VIEWS 2013年夏号を公開しました。
2013/04/08
VIEWS 2013年春号を公開しました。
2013/01/09
VIEWS 2013年冬号を公開しました。
2012/4/9
VIEWS 2012年春号を公開しました。
2011/10/12
VIEWS 2011年秋号を公開しました。
2011/10/12
VIEWSバックナンバーを追加しました。
2010/12/22
VIEWSバックナンバーを追加しました。
2010/10/14
VIEWS 2010年秋号を公開しました。
2010/10/10
Webサイトをリニューアルしました。

バックナンバー

2017年
2017年春号(第49号)
2016年
2016年秋号(第47号)
2016年夏号(第46号)
2016年春号(第45号)
2016年冬号(第44号)
2015年
2015年秋号(第43号)
2015年夏号(第42号)
2015年春号(第41号)
2015年冬号(第40号)
2014年
2014年秋号(第39号)
2014年夏号(第38号)
2014年春号(第37号)
2014年冬号(第36号)
2013年
2013年秋号(第35号)
2013年夏号(第34号)
2013年春号(第33号)
2013年冬号(第32号)
2012年
2012年秋号(第31号)
2012年夏号(第30号)
2012年春号(第29号)
2012年冬号(第28号)
2011年
2011年秋号(第27号)
2011年夏号(第26号)
2011年春号(第25号)
2011年冬号(第24号)
2010年
2010年秋号(第23号)
2010年夏号(第22号)
2010年春号(第21号)
2010年冬号(第20号)
2009年
2009年秋号(第19号)
2009年夏号(第18号)
2009年春号(第17号)
2009年冬号(第16号)
2008年
2008年秋号(第15号)
2008年夏号(第14号)
2008年春号(第13号)
2008年冬号(第12号)
2007年
2007年秋号(第11号)
2007年夏号(第10号)
2007年春号(第09号)
2007年冬号(第08号)
2006年
2006年秋号(第07号)
2006年夏号(第06号)
2006年春号(第05号)
2006年冬号(第04号)
2005年
2005年秋号(第03号)
2005年夏号(第02号)
2005年春号(第01号)
これまでの特集
トランプのアメリカ
女性と政治
ファミリー・ネームから考える家族関係
シングル・マザー
日本と海外の子育て事情
非営利団体(NPO)で働く
国際機関で働く
マイブーム ~ 私がいま夢中になっていること
世界の新年の祝い方
Eデート体験記
サッカーへの熱い想い
世界に散らばる家族
語学習得への道
40代の過ごし方
日本にいる高齢の親を想う
ソーシャル・メディア
留学の意義を再び考える
復興へ
離婚
地震
高齢になったら
ボランティア
各国出産体験記
受験事情あれこれ
医療保険
新しい日米関係
食を考える
身近に感じる経済不況
異文化の架け橋
女性の社会進出
NPO
2008年大統領選挙
ワシントニアンが伝授する知られざるDCの楽しみ方
環境:私たちにとっての地球
芸術
国際協力
医療
教育への思い
私の夏
戦後60周年特別企画II
戦後60周年特別企画I
ワシントンと私
連載一覧
ワシントンと私
人・マイライフ
世界の街から
世界の家庭料理
家族の風景
私の本棚
旅・ギャラリー
特別寄稿
随筆