Where the Canals Lead 貴堂 志乃(Kido, Shino) - WJWN(Washington Japanese Women's Network)

VIEWS

世界の街から

Where the Canals Lead:VIEWS 2017年春号(第49号)掲載

貴堂 志乃(Kido, Shino)

Sunrise in historical Amsterdam
Sunrise in historical Amsterdam

My home is a small country where most tourists conjure images of windmills, tulip fields and clogs. Or, if you are a different kind of tourist, you may know the country for its red light district, drug tolerance and bachelor/bachelorette parties. Unbeknownst to me and perhaps others, it is also a place where the tallest mountain is only 322m above sea level and where the average male is 182.5cm tall.

Netherlands, home to its giant inhabitants, seemed like an interesting pit-stop where I could continue my adventures. After completing my MBA in France I was not ready to leave Europe quite yet.

Life in the Low-Lands

During the last year and a half, I have ridden bikes and partied on boats more than EVER in my life. I can now make a phone call, text and open Google maps on my bike, all while dodging other bikers, trams and bachelor parties without falling into a canal.

Besides the occasional road stress, there is something inherently relaxed in the European lifestyle. Nowhere is this more true than in Amsterdam during the summer. With events every weekend at a bike-able distance, impromptu boat rides on rare, clear days, and biertje (literally a small beer, but here this is synonymous with a Heineken) on the canals, my first summer here was magical.

Now in March, the weather is turning for the better, again. After a long, grey winter typical of northern Europe, it is finally warm enough for me to go running in the nearby Vondelpaark. The sun is starting to bathe a six-story, historical building where I work well into the evening and cast the Westerkerk church next door in a mesmerizing silhouette – all taking place right outside my office window.

All this beautifully contrasts my life growing up in a stimulating, dense city like Tokyo attending an American school.

XXX Amsterdam

The population of Amsterdam is about 800,000 with nearly half of its residents from outside the country. Compare this with Tokyo, a city of 14 million with mostly homogenous people. Even as a vertically challenged outsider in Amsterdam, I learned that it is possible to feel a part of a city, something I had never fully felt in my mammoth city back home. Here are a few reasons why.

First, the city is a perfectly manageable size. It has roughly the same landmass as Nagasaki with events and perpetual novelty that rival many major metropolitan cities. I often begin at a restaurant on the West side of town where I live with one group of friends and end at an up-and-coming bar on the East side with a different crowd. I also discovered the feeling of making my own list of the best eateries without the assistance of a third party website like tablelog and being confident recommending them to my many visitors. All of this adds to the sense of really knowing and loving this place.

Secondly, the comfortable pace of Amsterdam is a relaxing change from an intense Asian city like Tokyo. Work-life balance is not just a company objective on paper, but a reality and right. I generally end my days at 6pm, while many Dutchies efficiently finish even earlier. For the first time in my life, I see people bike passed me smiling or singing on their way to work in the morning. This balanced approach to work only goes to show a healthy attitude towards life in general, which is not to say people here are lazy or blazé. Quite the opposite. Amsterdam is one the best run and most efficient cities I have lived in, on par with Tokyo.

Euro Gay Pride Parade in 2016
Euro Gay Pride Parade in 2016

Most of all, Amsterdam is not shackled by norms or archaic rules, but has come to stand for tolerance and acceptance. I was lucky to be in the city last year when it hosted EuroPride. The Prinsengracht canal filled with a procession of over one hundred sponsored boats themed in rainbow and hot pink, all pumping to dance music. There are no expectations or categories to conform to, as is often the case in Japanese society. I like to believe that many Amsterdammers share this open spirit and that the city will always remain welcoming to people of all types, shades and backgrounds.

Chasing Rainbows

The Author筆者
The Author 筆者


Admittedly, it is not easy to break into the Dutch circle, although everyone is friendly and speaks impeccable English. It is understandable considering they rightfully suspect many of us expats are transient beings here.

And, this is true for me as I am now looking for my own next steps. Not out of boredom of the city, but to seek new challenges and discover new places to call my own.

Because of my time in the Netherlands, I will forever prefer pedal breaks on my bike, appreciate every single sunny day and know where to find my best music festival buddies. Even when I do not live here any longer, Amsterdam will forever remain my home because home is where the heart is.

著者紹介

貴堂 志乃(Kido, Shino)

Shino Kido likes to spend most of her free time traveling around the world to visit her loved ones. This includes family and American school friends from her days growing up in Tokyo



お知らせ

2017/05/01
VIEWS 2017年春号を公開しました。
2017/02/01
VIEWS 2017年冬号を公開しました。
2016/11/06
VIEWS 2016年秋号を公開しました。
2016/08/06
VIEWS 2016年夏号を公開しました。
2016/05/01
VIEWS 2016年春号を公開しました。
2016/01/30
VIEWS 2016年冬号を公開しました。
2015/11/01
VIEWS 2015年秋号を公開しました。
2015/07/26
VIEWS 2015年夏号を公開しました。
2015/04/26
VIEWS 2015年春号を公開しました。
2015/01/04
VIEWS 2015年冬号を公開しました。
2014/10/09
VIEWS 2014年秋号を公開しました。
2014/07/18
VIEWS 2014年夏号を公開しました。
2014/4/21
VIEWS 2014年春号を公開しました。
2014/1/23
VIEWS 2014年冬号を公開しました。
2013/10/08
VIEWS 2013年秋号を公開しました。
2013/07/08
VIEWS 2013年夏号を公開しました。
2013/04/08
VIEWS 2013年春号を公開しました。
2013/01/09
VIEWS 2013年冬号を公開しました。
2012/10/15
VIEWS 2012年秋号を公開しました。
2012/07/09
VIEWS 2012年夏号を公開しました。
2012/04/09
VIEWS 2012年春号を公開しました。
2012/01/17
VIEWS 2012年冬号を公開しました。
2011/10/12
VIEWS 2011年秋号を公開しました。
2011/10/12
VIEWSバックナンバーを追加しました。
2011/07/12
VIEWS 2011年夏号を公開しました。
2011/04/06
VIEWS 2011年春号を公開しました。
2011/01/11
VIEWS 2011年冬号を公開しました。
2011/01/11
VIEWSバックナンバーを追加しました。

更新履歴

2017/05/01
VIEWS 2017年春号を公開しました。
2017/02/01
VIEWS 2017年冬号を公開しました。
2016/11/08
VIEWS 2016年秋号を公開しました。
2016/08/08
VIEWS 2016年夏号を公開しました。
2016/04/20
VIEWS 2016年春号を公開しました。
2016/02/01
VIEWS 2016年冬号を公開しました。
2015/11/01
VIEWS 2015年秋号を公開しました。
2015/07/26
VIEWS 2015年夏号を公開しました。
2015/04/12
VIEWS 2015年春号を公開しました。
2015/01/04
VIEWS 2015年冬号を公開しました。
2014/10/09
VIEWS 2014年秋号を公開しました。
2014/07/18
VIEWS 2014年夏号を公開しました。
2014/4/21
VIEWS 2014年春号を公開しました。
2014/1/23
VIEWS 2014年冬号を公開しました。
2013/10/08
VIEWS 2013年秋号を公開しました。
2013/07/08
VIEWS 2013年夏号を公開しました。
2013/04/08
VIEWS 2013年春号を公開しました。
2013/01/09
VIEWS 2013年冬号を公開しました。
2012/4/9
VIEWS 2012年春号を公開しました。
2011/10/12
VIEWS 2011年秋号を公開しました。
2011/10/12
VIEWSバックナンバーを追加しました。
2010/12/22
VIEWSバックナンバーを追加しました。
2010/10/14
VIEWS 2010年秋号を公開しました。
2010/10/10
Webサイトをリニューアルしました。

バックナンバー

2017年
2017年春号(第49号)
2016年
2016年秋号(第47号)
2016年夏号(第46号)
2016年春号(第45号)
2016年冬号(第44号)
2015年
2015年秋号(第43号)
2015年夏号(第42号)
2015年春号(第41号)
2015年冬号(第40号)
2014年
2014年秋号(第39号)
2014年夏号(第38号)
2014年春号(第37号)
2014年冬号(第36号)
2013年
2013年秋号(第35号)
2013年夏号(第34号)
2013年春号(第33号)
2013年冬号(第32号)
2012年
2012年秋号(第31号)
2012年夏号(第30号)
2012年春号(第29号)
2012年冬号(第28号)
2011年
2011年秋号(第27号)
2011年夏号(第26号)
2011年春号(第25号)
2011年冬号(第24号)
2010年
2010年秋号(第23号)
2010年夏号(第22号)
2010年春号(第21号)
2010年冬号(第20号)
2009年
2009年秋号(第19号)
2009年夏号(第18号)
2009年春号(第17号)
2009年冬号(第16号)
2008年
2008年秋号(第15号)
2008年夏号(第14号)
2008年春号(第13号)
2008年冬号(第12号)
2007年
2007年秋号(第11号)
2007年夏号(第10号)
2007年春号(第09号)
2007年冬号(第08号)
2006年
2006年秋号(第07号)
2006年夏号(第06号)
2006年春号(第05号)
2006年冬号(第04号)
2005年
2005年秋号(第03号)
2005年夏号(第02号)
2005年春号(第01号)
これまでの特集
トランプのアメリカ
女性と政治
ファミリー・ネームから考える家族関係
シングル・マザー
日本と海外の子育て事情
非営利団体(NPO)で働く
国際機関で働く
マイブーム ~ 私がいま夢中になっていること
世界の新年の祝い方
Eデート体験記
サッカーへの熱い想い
世界に散らばる家族
語学習得への道
40代の過ごし方
日本にいる高齢の親を想う
ソーシャル・メディア
留学の意義を再び考える
復興へ
離婚
地震
高齢になったら
ボランティア
各国出産体験記
受験事情あれこれ
医療保険
新しい日米関係
食を考える
身近に感じる経済不況
異文化の架け橋
女性の社会進出
NPO
2008年大統領選挙
ワシントニアンが伝授する知られざるDCの楽しみ方
環境:私たちにとっての地球
芸術
国際協力
医療
教育への思い
私の夏
戦後60周年特別企画II
戦後60周年特別企画I
ワシントンと私
連載一覧
ワシントンと私
人・マイライフ
世界の街から
世界の家庭料理
家族の風景
私の本棚
旅・ギャラリー
特別寄稿
随筆