大好きなミュージカルに自ら挑戦 小出 治子(Koide, Haruko) - WJWN(Washington Japanese Women's Network)

VIEWS

特集 マイ・アート

大好きなミュージカルに自ら挑戦:VIEWS 2017年秋号(第51号)掲載

小出 治子(Koide, Haruko)

「ハミルトン」の劇場前で
「ハミルトン」の劇場前で

留学中に初めて観たブロードウェイ・ミュージカル

初めてブロードウェイ・ミュージカルを見たのは大学院に留学中。留学先のIthaca, NYにあるCornell大学からマンハッタンまでは車で6時間ぐらいかかるが、マンハッタンに行く際はブロードウェイ・ミュージカルを見るようにしていた。当時観たのはLes Misérables,Phantom of the Opera, Cats,La Cage Aux Follesなど、だったと思う。

日本に帰国後も、出張や旅行でニューヨークに来るとミュージカルを観に行った。息子が5歳になると(5歳未満は劇場に入れてもらえない)彼も連れて行った。5歳の息子が初めて観たのはBeauty & the Beast。ディズニー映画で見ているからあらすじはわかっているはずだが、何といっても3時間のショーは5歳児には長過ぎるかもしれない。 飽きたらすぐ出られるように、一番安い席を買った。そうしたら、意外と最後まで真剣に見る。英語もわからないはずなのに、一向に飽きる様子もなく、最後までかじりつくように見ていた。ミュージカル好きは遺伝なのか。次にPhantom of the Operaに連れて行ってみた。怖がって泣くかもしれないので、またしてもすぐ出られるように一番安い席を買う。が、今度も大丈夫。最後まで楽しんでいた。恋に破れたPhantomがすっと消えてしまうラストシーンには「どこに消えちゃったの?」と不思議がっていた(あのシーンは大人が見ても不思議)。

高校1年で息子がオーディションに合格

その後、DCに移り住んでNYも近くなり、ブロードウェイにずっと行きやすくなった。アメリカに来て数年後、息子を中学校最終学年の夏休みにArt Summer Campなるものに入れた。本人は絵を描くつもりだったのに、私は(本人の許可を得て)Musical Theaterのクラスも入れておいた。そうしたら本人はそれなりに楽しんだようだ。そして、高校1年の時、ミュージカルのオーディションに合格、彼はUrine Townというミュージカルのキャストとして舞台に立った。それ以降もMcLean Community TheaterのEvitaに出演したり、高校の最終学年の時は、Kennedy Centerの舞台に立ち、Best Dancerの個人賞も受賞するまでになった。

それと同時に、彼のミュージカル好きも本格化し、2人でNYに行ってはいろいろなミュージカルを観るようになった。不思議なことに(というか、親子だからか)、好きなミュージカルが不思議と一致する。そういった中で、2人が共通して好きだったミュージカルはRent,Spring Awakening,Next to Normal。 この3つの共通点は、演出が斬新だったことと、ストーリーが人間の心理に迫って深みのあるところだろうか。音楽もいい。やはり見終わった後も耳に残り、口ずさむような名曲が入っているというのは大事な要素だ。

最近ではMatilda,Kinky Bootsなども楽しめた。我々はいったん気に入ると同じ作品を何度か観に行く。キャストが変わるので、いいミュージカルは何度でも楽しめる。おそらく一番多くみたのは、Les MisérablesとRentではないかと思う。今夏はNatasha, Pierre & The Great Comet of 1812を楽しみ、来春は今年のトニー賞受賞作品、Dear Evan Hansenを観に行くことになっている。この作品はいい曲もたくさんあるので、今からCDを買って聞いている。舞台が楽しみだ。Come From Away (9/11の後にカナダの小さな町に急遽行先を変更された乗客とその町の住民の交流がテーマ)も観たい。

近年のハイライトは、何と言ってもHamiltonをオリジナルキャストで観たことだろうか。これはHamiltonがようやくオフ・ブロードウェイからブロードウェイで上演されるようになったばかり、まだあの熱狂が来る前にチケットを手配したので、なんと通常価格で買えた。展開に無駄がなくて、ぐいぐい引き付ける迫力がすごい、完成度の高い舞台だった。内容が濃いのに展開が早いので、事前勉強していったにもかかわらず消化しきれなかった感がある。もう一度、観に行きたい。

息子から刺激を受けて自分も挑戦

というわけで、ミュージカル好きな息子とたくさんのミュージカルを気軽にNYで観ることができて大変うれしい。いろいろ観に行く一方で、密かに「いつか自分もやりたいなぁ」という野望は持っていた。実は大学時代にESSのドラマ部だったので、演劇の舞台にキャストとして出演した経験はある。が、ミュージカルはやったことがなかった。息子の舞台を見て「楽しそうだなぁ」と刺激を受けたのも事実だ。が、この歳になって初挑戦しようというのである。ちょっとハードルが高いので、数年掛かりで準備していくことにした。

まずは、とっつきやすいダンスから。いきなりジャズダンスはハードルが高いので、なんとなくベリーダンスから着手した。踊りの舞台にも出て楽しかったが「踊りだけではミュージカルには出られない、歌もうまくならないと」と思い、次は歌に挑戦。

しかし、幼少の頃に母親に「あなたは音痴だから人前で歌ってはだめ」と言われて以来、歌の才能はないものと思いこみ、別にコーラス部に入るわけでも、歌をちゃんと習おうとしたこともなかった。で、この歳になってはたして声が出せるようになるのだろうかと思いつつ、まずは日本人女性のコーラス部(JCSW)に入れていただいた。「ほかのコーラスの方々にご迷惑にならないよう、まずは正しい発声を身につけないと」と思い、個人レッスンを受けることに。イタリアの歌曲も習うようになり、また先生が褒め上手でいらしたため、「これは楽しい」と思った。先生に発声の訓練をしていただくと、出せなかった高音もだんだん出るようになってきた。いまはオペラのアリアを教えていただき、かなり真剣に勉強させていただいている。

ダンス、歌、演技修行 そして舞台デビュー

さて、ダンスと歌を習い、次はいよいよ演技の勉強だ。まずTheater Labという演劇学校でIntro to Actingというクラスから取り始めた。当然せりふが英語なので、英語にアクセントがある私がしゃべって通じるんだろうかというのが心配。アメリカ人に囲まれてActing classに入るというのは、結構自意識過剰になってしまった。

「タイタニック」の舞台 Photo Credit: Ryan Maxwell Photography.
「タイタニック」の舞台 Photo Credit: Ryan Maxwell Photography

「タイタニック」に出演した筆者(中央) Photo Credit: Ryan Maxwell Photography.
「タイタニック」に出演した筆者(中央) Photo Credit: Ryan Maxwell Photography

そして翌年、満を持して、その演劇学校が年1回プロデュースするミュージカルのオーディションに挑戦した。オーディションの内容は歌だけ(踊りは試されない)。で、とりあえずアンサンブルの一員に入れていただけた。演目はTitanic。あのDiCaprioの映画とはあらすじは違うが、結末は皆さんご存知の通り。私の役は、一番値段の高いsuiteに宿泊したお金持ち(実在の人物、彼女は生き残ります)。華やかな舞踏会のシーンや、救命ボートで脱出するシーンなど、盛り沢山で楽しかった。3-4役演じたので、3時間の舞台でコスチューム・チェンジは10回はあっただろう。舞台への入り口が4か所あったので、舞台裏を駆け回って次の出番のところまで移動しなくてはならず、体力的にもかなりチャレンジングだった。歌った曲は全部で10曲。その歌詞を全部覚えるのがまた大変。メゾは主旋律でなくハーモニーのパートなので、その旋律を覚えるのも大変。リハーサルは3か月、最後の1週間は衣装を着けて本番の舞台でリハをする。2週間の公演が終わると、はっきりいってぐったり、性根尽き果てるという状態になる。

でも、舞台に立ってスポットライトを浴びると気持ちがいいし、その3時間の間は役になりきってその人のストーリーを生きることができるし、観客の皆さんが一緒に笑ったり泣いたりするのを感じる一体感は、やはり経験してみないとわからない満足感がある。3か月のリハーサル期間を通じて、20数人いるキャストメンバーともリハの後にご飯を食べに行ったりして仲良くなる。

今年も再びミュージカルに出演した。演目はChess。今回も11回のコスチューム・チェンジと、10曲の歌の暗記をした上に、ロシア語のセリフがあったり、一部ベリーダンスをソロで踊るというシーンも付け加えられたため自分で振付を考えて練習したり、再びエネルギーを完全燃焼した。

「チェス」でベリーダンサーを演じたシーン Photo Credit: Ryan Maxwell Photography.
「チェス」でベリーダンサーを演じたシーン Photo Credit: Ryan Maxwell Photography

ミュージカル「チェス」からの1シーン Photo Credit: Ryan Maxwell Photography.
ミュージカル「チェス」からの1シーン Photo Credit: Ryan Maxwell Photography

「チェス」の舞台から Photo Credit: Ryan Maxwell Photography.
「チェス」の舞台から Photo Credit: Ryan Maxwell Photography

10月末にはオペラの発表会もあるし、来年2月には再びミュージカルのリハーサルが始まるだろう。しばらくは忙しいスケジュールが続きそうだ。

著者紹介

小出 治子(Koide, Haruko)

津田塾大学学芸学部卒。国際基督教大学(ICU)大学院から米国コーネル大 学修士課程政治学科に留学、修士号を取得。第一勧業銀行、KPMGピートマーウィック(M&A部門)を経て、1996年ボストンコンサルティンググループ(BCG)に入社。2002年に渡米、国際金融公社 (IFC) のシニアインベストメントオフィサーとして、開発途上国における民間プロジェクトの投融資に従事。バージニア州マクレーン在住。



お知らせ

2017/11/01
VIEWS 2017年秋号を公開しました。
2017/08/01
VIEWS 2017年夏号を公開しました。
2017/05/01
VIEWS 2017年春号を公開しました。
2017/02/01
VIEWS 2017年冬号を公開しました。
2016/11/06
VIEWS 2016年秋号を公開しました。
2016/08/06
VIEWS 2016年夏号を公開しました。
2016/05/01
VIEWS 2016年春号を公開しました。
2016/01/30
VIEWS 2016年冬号を公開しました。
2015/11/01
VIEWS 2015年秋号を公開しました。
2015/07/26
VIEWS 2015年夏号を公開しました。
2015/04/26
VIEWS 2015年春号を公開しました。
2015/01/04
VIEWS 2015年冬号を公開しました。
2014/10/09
VIEWS 2014年秋号を公開しました。
2014/07/18
VIEWS 2014年夏号を公開しました。
2014/4/21
VIEWS 2014年春号を公開しました。
2014/1/23
VIEWS 2014年冬号を公開しました。
2013/10/08
VIEWS 2013年秋号を公開しました。
2013/07/08
VIEWS 2013年夏号を公開しました。
2013/04/08
VIEWS 2013年春号を公開しました。
2013/01/09
VIEWS 2013年冬号を公開しました。
2012/10/15
VIEWS 2012年秋号を公開しました。
2012/07/09
VIEWS 2012年夏号を公開しました。
2012/04/09
VIEWS 2012年春号を公開しました。
2012/01/17
VIEWS 2012年冬号を公開しました。
2011/10/12
VIEWS 2011年秋号を公開しました。
2011/10/12
VIEWSバックナンバーを追加しました。
2011/07/12
VIEWS 2011年夏号を公開しました。
2011/04/06
VIEWS 2011年春号を公開しました。
2011/01/11
VIEWS 2011年冬号を公開しました。
2011/01/11
VIEWSバックナンバーを追加しました。

更新履歴

2017/11/01
VIEWS 2017年秋号を公開しました。
2017/08/01
VIEWS 2017年夏号を公開しました。
2017/05/01
VIEWS 2017年春号を公開しました。
2017/02/01
VIEWS 2017年冬号を公開しました。
2016/11/08
VIEWS 2016年秋号を公開しました。
2016/08/08
VIEWS 2016年夏号を公開しました。
2016/04/20
VIEWS 2016年春号を公開しました。
2016/02/01
VIEWS 2016年冬号を公開しました。
2015/11/01
VIEWS 2015年秋号を公開しました。
2015/07/26
VIEWS 2015年夏号を公開しました。
2015/04/12
VIEWS 2015年春号を公開しました。
2015/01/04
VIEWS 2015年冬号を公開しました。
2014/10/09
VIEWS 2014年秋号を公開しました。
2014/07/18
VIEWS 2014年夏号を公開しました。
2014/4/21
VIEWS 2014年春号を公開しました。
2014/1/23
VIEWS 2014年冬号を公開しました。
2013/10/08
VIEWS 2013年秋号を公開しました。
2013/07/08
VIEWS 2013年夏号を公開しました。
2013/04/08
VIEWS 2013年春号を公開しました。
2013/01/09
VIEWS 2013年冬号を公開しました。
2012/4/9
VIEWS 2012年春号を公開しました。
2011/10/12
VIEWS 2011年秋号を公開しました。
2011/10/12
VIEWSバックナンバーを追加しました。
2010/12/22
VIEWSバックナンバーを追加しました。
2010/10/14
VIEWS 2010年秋号を公開しました。
2010/10/10
Webサイトをリニューアルしました。

バックナンバー

2017年
2017年秋号(第51号)
2017年夏号(第50号)
2017年春号(第49号)
2017年冬号(第48号)
2016年
2016年秋号(第47号)
2016年夏号(第46号)
2016年春号(第45号)
2016年冬号(第44号)
2015年
2015年秋号(第43号)
2015年夏号(第42号)
2015年春号(第41号)
2015年冬号(第40号)
2014年
2014年秋号(第39号)
2014年夏号(第38号)
2014年春号(第37号)
2014年冬号(第36号)
2013年
2013年秋号(第35号)
2013年夏号(第34号)
2013年春号(第33号)
2013年冬号(第32号)
2012年
2012年秋号(第31号)
2012年夏号(第30号)
2012年春号(第29号)
2012年冬号(第28号)
2011年
2011年秋号(第27号)
2011年夏号(第26号)
2011年春号(第25号)
2011年冬号(第24号)
2010年
2010年秋号(第23号)
2010年夏号(第22号)
2010年春号(第21号)
2010年冬号(第20号)
2009年
2009年秋号(第19号)
2009年夏号(第18号)
2009年春号(第17号)
2009年冬号(第16号)
2008年
2008年秋号(第15号)
2008年夏号(第14号)
2008年春号(第13号)
2008年冬号(第12号)
2007年
2007年秋号(第11号)
2007年夏号(第10号)
2007年春号(第09号)
2007年冬号(第08号)
2006年
2006年秋号(第07号)
2006年夏号(第06号)
2006年春号(第05号)
2006年冬号(第04号)
2005年
2005年秋号(第03号)
2005年夏号(第02号)
2005年春号(第01号)
これまでの特集
マイアート
海外で第二次世界大戦の歴史に直面する時
トランプのアメリカ
女性と政治
ファミリー・ネームから考える家族関係
シングル・マザー
日本と海外の子育て事情
非営利団体(NPO)で働く
国際機関で働く
マイブーム ~ 私がいま夢中になっていること
世界の新年の祝い方
Eデート体験記
サッカーへの熱い想い
世界に散らばる家族
語学習得への道
40代の過ごし方
日本にいる高齢の親を想う
ソーシャル・メディア
留学の意義を再び考える
復興へ
離婚
地震
高齢になったら
ボランティア
各国出産体験記
受験事情あれこれ
医療保険
新しい日米関係
食を考える
身近に感じる経済不況
異文化の架け橋
女性の社会進出
NPO
2008年大統領選挙
ワシントニアンが伝授する知られざるDCの楽しみ方
環境:私たちにとっての地球
芸術
国際協力
医療
教育への思い
私の夏
戦後60周年特別企画II
戦後60周年特別企画I
ワシントンと私
連載一覧
ワシントンと私
人・マイライフ
世界の街から
世界の家庭料理
家族の風景
私の本棚
旅・ギャラリー
特別寄稿
随筆