初夏を感じるルバーブケーキ ケプキー のり子(Koepcke, Noriko) - WJWN(Washington Japanese Women's Network)

VIEWS

世界の家庭料理

初夏を感じるルバーブケーキ:VIEWS 2018年春号(第53号)掲載

ケプキー のり子(Koepcke, Noriko)

ルバーブケーキ(左)とルバーブコンポート(右)
ルバーブケーキ(左)とルバーブコンポート(s右)

ルバーブとは?

今回ご紹介するのは、ドイツのベルリンで教えていただいたルバーブケーキです。ルバーブは、欧米で広く食用されている野菜の一種で、アメリカのご家庭でもお馴染みの食材かもしれませんが、私はベルリンに住んで初めて知った食材でした。ベルリンでは初夏(4月中旬〜6月下旬)に出回る野菜で、野菜というよりは砂糖と煮て甘酸っぱいジャムにしたり、ケーキに入れたりと果物感覚で使う食材です。フキに似たその食材は葉には毒性があるとかで、お店では軸の部分のみを売っている場合がほとんどです。アメリカはもちろん、日本でも北海道や長野で栽培されているので、見つけたらぜひお試しください。

季節を味わう木村先生のお料理教室

さて、その野菜を使った美味しいタルトケーキを教えてくださったのは、在独30年の木村先生。器用にお料理や編み物をこなす心温かいお人柄の木村先生を慕って、主にドイツ永住の日本人友達の間で今も不定期にお料理教室や編み物の会が開かれています。ベルリンで出会った日本人女性は、お料理上手な方ばかり。厚い雲に覆われどんよりとしたベルリンの冬は長く、真冬は夕方4時にはすでに暗くなります。そんな中、木村先生の集まりで、特にクリスマスシーズンの始まりに教えていただき、友人とワイワイおしゃべりしながら作ったシュトレンやクッキーは、ドイツ文化体験だけでなく、長い冬のドイツ生活に彩りを添え、手作りのぬくもり、お台所の楽しさを再発見させてくれました。

今回の食材であるルバーブは、その長い冬が終わりを告げ、オープンカフェが楽しめる季節の到来を感じられるもの。春の訪れに心踊らせたかと思うと、早くも初夏を感じる嬉しい季節の食材です。

ルバーブケーキ 24cm 丸型1台分
タルト生地
  • 無塩バター 90g
  • 砂糖 50g
  • *バニラシュガー 1袋(0.32oz/9g)
  • 卵 1
  • 小麦粉 150g 
  • 塩 少々
  1. 室温に戻したバターを泡立て器で混ぜ、クリーム状にする。
  2. 砂糖を加え、さらに混ぜる。
  3. クリーム状になったら、溶き卵を少しずつ加え混ぜ合わせる。
  4. 小麦粉と塩を加え、ヘラでまぜてひとかたまりにする。
  5. 30分ほどねかせる。
シュトロイゼル (ケーキの上にのせるそぼろ状の生地)
  • 無塩バター 40g
  • 砂糖 40g 
  • 小麦粉 50g
  • アーモンドパウダー 40g
  1. 室温に戻したバターを泡立て器で混ぜ、クリーム状にする。
  2. 砂糖を加え、さらに混ぜる。
  3. クリーム状になったら、アーモンドパウダーと小麦粉を加えてヘラで混ぜる。そぼろ状にしておく。
ルバーブ
  • ルバーブ 750g
  • 砂糖 40g
  • レモン汁 大さじ1
  • 生クリーム 150cc
  • 卵 2個
  • 砂糖 40g
  • *バニラシュガー 1袋(1.88oz/9g)
  • コーンスターチ 大さじ1
  1. ルバーブは、洗って汚れを取り除き、1cm幅の小口切りにする。
  2. ボールに切ったルバーブと砂糖とレモン汁を入れ混ぜ、30分置いておく。
  3. 別のボールに、生クリーム、卵、コーンスターチ、砂糖を加え混ぜる。

オーブンに入れる前
オーブンに入れる前

仕上げ
  1. タルト生地を丸形に伸ばして、ふちの高さが3cmほどになるよう敷き詰める。
  2. 水気を切ったルバーブを敷き詰める。
  3. シュトロイゼルをまんべんなくふりかける。
  4. 「ルバーブ」の3.で用意した卵液を流し入れる。
  5. 180℃(温風の場合は170℃)に予熱したオーブンで45〜60分焼く。焦げ色がつきそうならアルミホイルをかぶせる。
  6. 焼きあがったら冷まし、完全に冷めてから型から取り出す。

焼きあがったルバーブ・ケーキ
焼きあがったルバーブ・ケーキ

好みでホイップクリーム(分量外)を添えて召し上がれ!

*バニラシュガーは、アメリカでは、ネットやWalmartなどでドイツで使用していたDr. OetkerブランドのVanilla Sugarが売っています。日本でもネットで手に入るようです。なければ、砂糖9gにバニラオイルやバニラエッセンス(香りはオイルに多少劣ります)を少々ふりかけて代用してもOKです。

木村先生のおまけレシピ

余ったルバーブは、アイスやヨーグルトにかけて食べると美味しいコンポートにしてみては?ルバーブを小口切りにして重量の20-30%(好みで)の砂糖を入れて柔らかくなるまで煮てください。ジャムと同じで冷えると温かい時よりとろみがつきます。ジャムより砂糖が少ないから日持ちは冷蔵庫で2-3日ぐらいです。

著者紹介

ケプキー のり子(Koepcke, Noriko)

夫の転勤に伴い東アジア、アメリカ、ドイツを転々と。趣味は、陶芸と旅行。2児の母。



お知らせ

2018/11/01
VIEWS 2018年秋号を公開しました。
2018/08/01
VIEWS 2018年夏号を公開しました。
2018/05/01
VIEWS 2018年春号を公開しました。
2018/02/01
VIEWS 2018年冬号を公開しました。
2017/11/01
VIEWS 2017年秋号を公開しました。
2017/08/01
VIEWS 2017年夏号を公開しました。
2017/05/01
VIEWS 2017年春号を公開しました。
2017/02/01
VIEWS 2017年冬号を公開しました。
2016/11/06
VIEWS 2016年秋号を公開しました。
2016/08/06
VIEWS 2016年夏号を公開しました。
2016/05/01
VIEWS 2016年春号を公開しました。
2016/01/30
VIEWS 2016年冬号を公開しました。
2015/11/01
VIEWS 2015年秋号を公開しました。
2015/07/26
VIEWS 2015年夏号を公開しました。
2015/04/26
VIEWS 2015年春号を公開しました。
2015/01/04
VIEWS 2015年冬号を公開しました。
2014/10/09
VIEWS 2014年秋号を公開しました。
2014/07/18
VIEWS 2014年夏号を公開しました。
2014/4/21
VIEWS 2014年春号を公開しました。
2014/1/23
VIEWS 2014年冬号を公開しました。
2013/10/08
VIEWS 2013年秋号を公開しました。
2013/07/08
VIEWS 2013年夏号を公開しました。
2013/04/08
VIEWS 2013年春号を公開しました。
2013/01/09
VIEWS 2013年冬号を公開しました。
2012/10/15
VIEWS 2012年秋号を公開しました。
2012/07/09
VIEWS 2012年夏号を公開しました。
2012/04/09
VIEWS 2012年春号を公開しました。
2012/01/17
VIEWS 2012年冬号を公開しました。
2011/10/12
VIEWS 2011年秋号を公開しました。
2011/10/12
VIEWSバックナンバーを追加しました。
2011/07/12
VIEWS 2011年夏号を公開しました。
2011/04/06
VIEWS 2011年春号を公開しました。
2011/01/11
VIEWS 2011年冬号を公開しました。
2011/01/11
VIEWSバックナンバーを追加しました。

更新履歴

2018/11/01
VIEWS 2018年秋号を公開しました。
2018/08/01
VIEWS 2018年夏号を公開しました。
2018/05/01
VIEWS 2018年春号を公開しました。
2018/02/01
VIEWS 2018年冬号を公開しました。
2017/11/01
VIEWS 2017年秋号を公開しました。
2017/08/01
VIEWS 2017年夏号を公開しました。
2017/05/01
VIEWS 2017年春号を公開しました。
2017/02/01
VIEWS 2017年冬号を公開しました。
2016/11/08
VIEWS 2016年秋号を公開しました。
2016/08/08
VIEWS 2016年夏号を公開しました。
2016/04/20
VIEWS 2016年春号を公開しました。
2016/02/01
VIEWS 2016年冬号を公開しました。
2015/11/01
VIEWS 2015年秋号を公開しました。
2015/07/26
VIEWS 2015年夏号を公開しました。
2015/04/12
VIEWS 2015年春号を公開しました。
2015/01/04
VIEWS 2015年冬号を公開しました。
2014/10/09
VIEWS 2014年秋号を公開しました。
2014/07/18
VIEWS 2014年夏号を公開しました。
2014/4/21
VIEWS 2014年春号を公開しました。
2014/1/23
VIEWS 2014年冬号を公開しました。
2013/10/08
VIEWS 2013年秋号を公開しました。
2013/07/08
VIEWS 2013年夏号を公開しました。
2013/04/08
VIEWS 2013年春号を公開しました。
2013/01/09
VIEWS 2013年冬号を公開しました。
2012/4/9
VIEWS 2012年春号を公開しました。
2011/10/12
VIEWS 2011年秋号を公開しました。
2011/10/12
VIEWSバックナンバーを追加しました。
2010/12/22
VIEWSバックナンバーを追加しました。
2010/10/14
VIEWS 2010年秋号を公開しました。
2010/10/10
Webサイトをリニューアルしました。

バックナンバー

2018年
2018年秋号(第55号)
2018年夏号(第54号)
2018年春号(第53号)
2018年冬号(第52号)
2017年
2017年秋号(第51号)
2017年夏号(第50号)
2017年春号(第49号)
2017年冬号(第48号)
2016年
2016年秋号(第47号)
2016年夏号(第46号)
2016年春号(第45号)
2016年冬号(第44号)
2015年
2015年秋号(第43号)
2015年夏号(第42号)
2015年春号(第41号)
2015年冬号(第40号)
2014年
2014年秋号(第39号)
2014年夏号(第38号)
2014年春号(第37号)
2014年冬号(第36号)
2013年
2013年秋号(第35号)
2013年夏号(第34号)
2013年春号(第33号)
2013年冬号(第32号)
2012年
2012年秋号(第31号)
2012年夏号(第30号)
2012年春号(第29号)
2012年冬号(第28号)
2011年
2011年秋号(第27号)
2011年夏号(第26号)
2011年春号(第25号)
2011年冬号(第24号)
2010年
2010年秋号(第23号)
2010年夏号(第22号)
2010年春号(第21号)
2010年冬号(第20号)
2009年
2009年秋号(第19号)
2009年夏号(第18号)
2009年春号(第17号)
2009年冬号(第16号)
2008年
2008年秋号(第15号)
2008年夏号(第14号)
2008年春号(第13号)
2008年冬号(第12号)
2007年
2007年秋号(第11号)
2007年夏号(第10号)
2007年春号(第09号)
2007年冬号(第08号)
2006年
2006年秋号(第07号)
2006年夏号(第06号)
2006年春号(第05号)
2006年冬号(第04号)
2005年
2005年秋号(第03号)
2005年夏号(第02号)
2005年春号(第01号)
これまでの特集
私が出会った芸術家
移民として生きる
持たない生活
マイアート
海外で第二次世界大戦の歴史に直面する時
トランプのアメリカ
女性と政治
ファミリー・ネームから考える家族関係
シングル・マザー
日本と海外の子育て事情
非営利団体(NPO)で働く
国際機関で働く
マイブーム ~ 私がいま夢中になっていること
世界の新年の祝い方
Eデート体験記
サッカーへの熱い想い
世界に散らばる家族
語学習得への道
40代の過ごし方
日本にいる高齢の親を想う
ソーシャル・メディア
留学の意義を再び考える
復興へ
離婚
地震
高齢になったら
ボランティア
各国出産体験記
受験事情あれこれ
医療保険
新しい日米関係
食を考える
身近に感じる経済不況
異文化の架け橋
女性の社会進出
NPO
2008年大統領選挙
ワシントニアンが伝授する知られざるDCの楽しみ方
環境:私たちにとっての地球
芸術
国際協力
医療
教育への思い
私の夏
戦後60周年特別企画II
戦後60周年特別企画I
ワシントンと私
連載一覧
ワシントンと私
人・マイライフ
世界の街から
世界の家庭料理
家族の風景
私の本棚
旅・ギャラリー
特別寄稿
随筆